>
>
入江塾合格体験記

 

入江塾合格体験記

▼ 読みたい記事のタイトルをクリックして下さい。 

 2017年度以前の合格体験記は一人一校に絞り学校別で分類しています。

 

合格体験記 2018年度 new!  合格速報 2018年度 new!   合格体験記 ~2017年度

入江塾の思い出2016.1.11記    夏期講習体験記2014   夏期講習体験記2013   

転塾体験記   他塾フォロー合格体験記

 

★2018年 合格体験記★ new!

Aくん…洛星・東山(ユリーカ)(本人・お母さん) 

Bくん…洛星・東山(ユリーカ)(本人・お母さん)

Cくん…洛星・東山(ユリーカ)(本人・お母さん)

Dくん…洛星・愛光(本人・お母さん)

Eくん…洛南高校附属・高槻・東山(ユリーカ)・香川誠陵(誠陵スカラシップ)(本人・お母さん)

Fくん…同志社・東山(エース)(本人・お母さん)

Gくん…同志社・立命館(アドバンスト)・東山(ユリーカ)・関西大学中等部(本人・お母さん)

Hさん…同志社女子(WR 自己推薦)・京都女子(Ⅲ類)(本人・お母さん)

Iさん…同志社女子(LA)・平安女学院(RS+)(本人・お母さん)

Jさん…京都女子(Ⅱ類)・平安女学院(GS+ 学費全額免除)(本人・お母さん)

Kさん…京都女子(Ⅱ類)・京都聖母学院(Ⅲ類 学費半額免除)・平安女学院(RS+)(本人・お父さん)

Lさん…京都女子(Ⅱ類)・ノートルダム女学院(Ste@m探究)(本人・お父さん)

Mさん…大谷(マスター 学費全額免除)・龍谷大学付属平安(特進B 学費半額免除)・京都学園(GN一貫 A特待)(本人・お母さん)

Nくん…大谷(マスター 学費半額免除)・京都産業大学附属(マナ英才学院出身)(本人・お母さん)

Oくん(マナ英才学院出身)…大谷(マスター)・文教(ACTα)(本人・お母さん)

Pくん…東山(ユリーカ)・京都学園(GN一貫 A特待)(マナ英才学院出身)(本人・お母さん)

Qくん…東山(エース)・龍谷大学付属平安(特進B 学費半額免除)・大谷(マスター)(本人・お母さん)

Rくん…京都学園(GN一貫コース A特待)(本人・お母さん)

Sさん…立命館宇治(国際入試)(本人・お母さん)

Tさん…京都産業大学附属(本人・お母さん)

Uさん…京都産業大学附属(お父さん)

Vくん…京都文教(ACTα)(本人・お母さん)

Wさん…同志社女子(LA 自己推薦)(本人・お母さん)

Xくん…東山(ユリーカ)・京都産業大学附属(C特待)(本人・お母さん)

 

●Aくん…洛星・東山(ユリーカ) 合格 

■小4で入塾し、第一志望の洛星中に合格

 僕は4年生の初めから入江塾に入りました。
授業や、洛星対策教室では細かいところまでしっかりやるスタイルで、とても理解が深まりました。
夏期講習などの休憩時間にアイスやパンのおやつをもらうのが楽しみで、リセットしてまた勉強を再スタートし集中することが出来ました。
受験直前の最後の追い込みも、いろんな先生のアドバイスや支えがあって、第一志望の洛星中学校に合格できたのだと思います。本当にありがとうございました。

 

●Aくんのお母さん

■多くの宿題がありクラスが学力別の大手塾には抵抗があり、入江塾の理念に共感した

 この度、第一志望の洛星中学校に合格しました。
息子は4年生から入江塾でお世話になっていました。4年生になる前、中学受験のための塾選びをしていた時、その頃はまだ漠然と家からも通学しやすい洛星中学校に行けたらいいなあと思っていました。いろんな塾の資料を取り寄せてみたものの、たくさんの宿題や学力別でクラス分けがある大手の塾には少し抵抗がありました。そんな時、インターネットでたまたま見つけたのが入江塾でした。HPをすみずみまで読み、入江塾の理念にも共感しました。
また1年生からサッカーをやっており、土日は練習や試合があり、まだやめたくない息子は、平日の授業を選べ、後は好きな日に演習に来れるというスタイルも気に入り、ここしかないと決めました

 

■サッカーは6年生の夏まで続け、そこから勉強に本腰を入れた
5年生の時に、洛星のオープンキャンパスに行って、体験授業を受けたり、クラブ活動の様子を見たりして、この学校に行きたいという気持ちが強まりました。
歴代の洛星合格者に比べると演習が少ないと言われながらも、結局6年生の夏までサッカーを続けていました。6年生の夏休み明けからサッカーも休部し、洛星対策の国語や理科のクラスも始まり、演習も増やしていよいよ勉強に本腰を入れました。

 

■まさかのD判定に危機感を持つ
他塾の模擬試験やプレテストもいくつか受けました。11月に受けた他塾の模擬試験ではまさかのD判定でした。これには本人もかなり危機感を持ちました。息子はケアレスミスが多く、これをどう克服するかが大きな課題でした。
佐藤先生からは「実力は十分あるのに、点数に反映されないのはなぜだと思う?何が足りないと思う?それを考えられるか、そして解決法を見出せるか、自分を客観的に見る必要がある」と小学生にとってはなかなか難しいことを言われたようです。母である私には「あとは本人次第です。信じて見守ります。」と言って下さいましたので、私もあまり口出しせず信じて見守ることにしました。
12月に最後に受けた別の塾の模擬試験では、洛星の合格範囲を上回っており、少しは安堵したものの、本人は「一か月でそんな力がついたと思わへんし、どっちがほんまかわからんし、頑張らなあかん」と浮足立つことなく、意外に冷静でした。

 

■ラストスパートはとにかく集中
そしてとうとう冬期講習から入試直前のラストスパートでは、毎日朝から夕方まで塾で勉強し過去問を実際の試験のように解いて、夜は家で苦手な社会の一問一答形式の暗記を集中してやりました。前々日に復習したところが本番のテストに出たと喜んでいました。
この最後のラストスパートは本当に集中して勉強し、最後の力が着いたと思います。

 

■試験当日 「落ち着いて、頑張れよ」
試験当日は、佐藤先生からは応援メール、入江先生、秋定先生は学校まで応援に来て下さり、先生方からのメッセージや、似顔絵が書かれた消しゴムなどを頂きました。そして、開門の一番前へ連れて行って下さり、一人一人の方を叩いて「落ち着いて、頑張れよ」と送り出して頂いたことは大変心強く思いました。
これから先、まだまだ大変な試験を受ける機会がやってくると思いますが、そこに向かう土台を入江塾で教わったように思います。
最後になりましたが、時には厳しく、そして最後まで暖かく見守って下さった入江先生はじめ秋定先生、佐藤先生、八木先生、他お世話になったすべての先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

                                             このページの先頭に戻る


 

●Bくん…洛星・東山(ユリーカ) 合格

■オープンキャンパスで洛星を知り、洛星を志す
僕は5年生から入江塾に通い始めました。
初めは宿題を必ずするだけで、残りの時間は友達と遊んだりして、全く勉強に身が入っていませんでした。それを6年生まで続けていました。志望校を決める際、5年生の秋に行った洛星中学のオープンキャンパスのことが思い出されて、志望校を洛星中学にすることを決めました。それから、洛星対策授業に参加し始めました。それは、毎週 洛星中の過去問題を解いてきて、授業の中で解説をするというものでした。最初は3問ぐらいしか解けないような状況だったけれど、だんだん慣れてきて、どんどん解けるようになっていきました。

 

■絶対合格の思い

 そして、初めて受けた ある中学のプレテストでは4位をとれたり、他中学でもB判定をとれたのでうれしかったです。順調に進んでいったけれど、11月に受けた他塾の模試では志望校の判定がD判定でした。少しがっかりしましたが、このままではやばいと思い、勉強に身を入れるようになりました。そしていよいよ、入試直前の冬期講習がやって来ました。冬期講習になると「絶対合格」の思いで、家では暗記をし、塾では過去問をひたすら解いていくことをしました。

 

■合格の願いが実現

 ついに、入試当日になって会場に着くと、佐藤先生からのメールと他の先生方からのメッセージをもらい、「がんばるぞ」と思いました。そして、洛星・東山から合格をもらいました。この合格は、今まで支えて下さった先生達のおかげだと思っています。今まで個人指導をして下さった木村先生や洛星対策をして下さった秋定先生や入江先生、小林先生、演習で指導して下さった佐藤先生、八木先生、本当にありがとうございました。

 

●Bくんのお母さん

6年生の6月に志望校を洛星に決め、真面目に頑張るも成績はあまり伸びず

 この度、第一志望の洛星中学の合格を頂きました事、とても喜んでいます。
5年生の秋、洛星のオープンキャンパスに行き、「ここの学校良いなぁ、でも、レベルが無理かなぁ…」という会話をしたのを覚えています。
それからしばらく志望校は決まらず、しかし心のどこかで洛星の事を思っていました。
志望校を決めたのは6年生の6月、そこから対策授業を受け、真面目に頑張ってはいたものの成績はあまり伸びず、11月の面談で佐藤先生から「このままでは厳しいかも」とのお言葉でした。
ですが、息子はあまり気にする事なくマイペースに勉強を続けていました。

 

入試1ヶ月前にマイペースな学習方法を変え、朝方生活に切り替えた

 いよいよ入試1ヶ月前、朝方生活に切り替えました。朝の弱い息子のリズムを整えるのがとても苦労しました。
冬期講習がはじまり、毎朝早起きして計算問題。9:30~夕方まで塾、夜は理科・社会の暗記等、元旦も休まず毎日頑張った甲斐あり合格することができました。
発表後すぐに塾へ報告をしに行った時の入江先生の朗らかなお顔が印象的でした。
2年間、支えて下さった入江塾の先生方、一緒に目標に向かって勉強してきたお友達には感謝しています、本当にありがとうございました。

 

                                                                                                                   このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Cくん…洛星・東山(ユリーカ) 合格

■四年の夏に入塾、六年の夏から始めた洛星対策は少しずつ慣れていった

 僕は、四年の夏に入江塾に入塾しました。体験授業で、早いペースですすむ授業についていけずに授業が全く分からずにいましたが、知らぬ間に授業の内容が分かるようになっていました。四年の間は算数と国語だけ授業を受けていましたが、五年からは全科目の授業をうけることになりました。そのとき、受験はするのだと思いながらも特に志望校はしぼりきれていませんでした。そんな中で、六年の夏休み前に塾から洛星をすすめられて洛星対策算数を始めました。そこでも最初は難易度が高く問題に圧倒されましたが、問題に少しずつ慣れていき、少しずつ解けるようになりました。

 

合格と聞いたときは、心の底から喜びがわき上がった

 試験前日は緊張でしんどくなっていましたが、試験会場で応援グッズをもらい、書かれていたメッセージを読むと知らない間に緊張が解けていて模擬試験を受けたときのような感覚で問題を解くことができました。合格と聞いたときは、心の底から喜びがわき上がりました。
お世話になった先生方、本当にありがとうございました。
 

●Cくんのお母さん

■入塾のきっかけは「科学の学校」、6年の最初の駸々堂で偏差値が70を超えた

 入江塾は、二年生からお世話になっていた「科学の学校」をきっかけに知りました。「科学の学校」の良さをよく知っており、中学受験を意識した時、迷うことなく入江塾にお世話になることにしました。
4年のうちは、週に、国語・算数の各1時間の授業と、2時間の演習で分からないところを教えていただく形で始め、個人指導、演習追加という風に徐々に勉強を増やしていき、息子に必要な時に必要な勉強を提案していただきました。
このように、塾で集中して授業を聞き、分からないことは演習で教えていただく。そして、家では宿題をその都度、定着するように心がけてやっていくと、6年の最初の駸々堂で偏差値が70を超えるようになってきました。

 

■6年生の夏から洛星対策授業に参加
6年の夏頃でも、志望校は漠然としており、親子共に悩んでおりました。そんな時に、塾より洛星中学はどうかと勧めていただきました。塾では、既に算数の洛星対策授業が始まっており、夏休み前に体験授業を受けた息子は「問題の難しさと、みんなが解く姿に圧倒された。」と帰ってきました。と同時に「この問題が解けるようになりたい。」と言いました。

 

■個人指導と対策授業で各科目を強化

 遅いスタートで心配しましたが、秋定先生に個人指導をしていただき、だんだん解けるようになってきました。また、この時に基本の穴が見つかり、それも埋めていただきました。秋定先生の「じっくりと、時間をかけて解いてください。」というご指導の下、息子は算数の対策授業が楽しく、家でも自発的に問題に取り組むようになっていました。
理科、国語の対策授業も始まると、ハードになりましたが、塾での出来事をいつも楽しく話してくれていたので安心していました。国語については、小林先生に個人指導もしていただき、徐々に長文を読み解けるようになってきたなと感じておりました。

 

■11月の模試ではC判定、ふわっとしていた気持ちを引き締める
ところが、11月の他塾模試でC判定という厳しい結果となり、12月の最終面談で入江先生・秋定先生に残された一か月余りの勉強の仕方を教えていただきました。また、この時期、佐藤先生、八木先生にも的確なアドバイス・優しい喝を入れていただき、親子共にふわっとしていた気持ちが引き締まりました。テレビは息抜きの時だけと自分で決め、ここから本当の

意味で、本気で勉強に取り組むようになったと思います。

 

■子どもの性格を考慮した雰囲気づくり

 前日は、先生方に温かく送り出していただきました。

そして、当日。入江先生・秋定先生に来ていただき、楽しい応援グッズをいただきました。緊張せず試験に臨めたそうで、無事に合格することが出来ました。
先生方は、おっとりした息子の性格をよく分かってくださっていて、言葉かけなどを含め楽しい雰囲気づくりをしてくださり、最後まで楽しく塾に通わせていただく事が出来ました。息子を導いてくださった先生方に、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 

                                             このページの先頭に戻る


 

●Dくん…洛星・愛光 合格

■他塾から転塾 大手塾と比べて勉強速度はのんびり

 私が洛星を志すようになったのは、2016年の夏の事でした。その時、私は他塾に入っていました。でも宿題の多さに負け、科学の学校でお世話なっていた育星舎の入江塾に入ることにしました。大手塾と比べて勉強速度はのんびりしていて、ゆったらゆったらやっていると、とうとう甘えが出てきて六年に入ってからろくに宿題をやっていかなくなりました。こんなので合格したのは、皆さん、あくまで奇跡なのです。皆さんは私の真似をすると、必ず落ちます(私のような奇跡が起きない限り)。

 

■毎日の計算練習
洛星対策ではそこで配られる毎日の計算は必ずやりましょう。なぜなら絶対落としてはいけないからです。というのも、1の(1)の計算以外は、ひねった問題が多く、ここ以外は運だからです。もちろん過去問をやっていけばポイントに気付くと思いますが。

 

■たとえD判定でも諦めないでください!
 11月のS学園の洛星オープンでたとえD判定でも諦めないでください!火の玉のように挽回すれば、奇跡が起こります。
最後に、秋定先生、小林先生、佐藤先生、八木先生、しゃもじ、熊の手、その他教えてくださった先生ありがとうございました。今後とも貴塾のご繁栄をお祈りします。   By:ビーバー
合格するぞ!進め一億火の玉だ!オー!・・・ 何言ってんの???

 

●Dくんのお母さん

 5年生の10月に転塾 しかし宿題は提出せず、模試の成績も上昇しない

 特に志望校もないまま世間の流れに流されて4年2月より大手塾へ通塾開始。うだつが上がらず下の方のクラスで低迷。5年夏に学校見学に行き、志望校を決定。もともと「科学の学校」でお世話になっていたので、「洛星ならば入江塾だ」ということで5年10月に転塾。入江塾では「ビーバー」というあだ名がついた。勉強は大嫌いで机には1分も向かっていられない。机に向かっていても空想しているか、いたずら書きをしているか、ハナ歌を歌っている(現在も同じ)。自宅では見張っていないと全く勉強しない。転塾して最初の面談で佐藤先生に「座っているとおしり出ています」と言われ、長時間座っていてズボンがずれたのかな?と安心した。ところが毎月送られてくる塾からの報告書には宿題の提出×××。模試の成績も一向に上昇せず(演習でなにをやっていたのか?)。

 

■塾には喜んで通う しかし成績は下がってきた

 そんな状況で6年の夏休み突入。ビーバーは毎日自転車で通塾するのが楽しいらしく喜んで通っていた。「夏休みがヤマ!」と本人もノリノリで通塾していたので勉強しているかと思ったら・・・夏を制していなかった(!)。その事実に気づいたのは11月。秋以降の模試で成績が下がってきた。週末に算数と理科の苦手分野を教えようとしたが、情けないことにやればやるほどこちらが混乱・・・まったく教えられず。

 

■6年の11月に習い事を全て中断 模試の判定は最後までD判定だった

 佐藤先生に泣きつくと、「それ以前にやることありますよね」(!!)。12月の面談では「洛星危ないです」(!!!)。11月まで水泳、英語、剣道、ボーイスカウトとフルで習い事をしていたが、すべて中断。12月と1月の空き時間は社会、理科の暗記のみに徹することにした。ちなみに模試の成績は第1回68.6→第6回68.7(0.1しか上がっていない!)もちろん最後までD判定。得意科目の順も社会>理科>算数>国語は最後まで変わらず。冬休みの間にビーバーの巣(部屋)を掃除したら、なんと手付かずの夏休みの宿題の束を発見!(怒りのあまり拳を握り締めた私)。

 

■親のジレンマとの戦い
そんなビーバーですが、先生にかわいがっていただき、良き友達に恵まれ、奇跡的に第一志望に合格できました。怒りで握り締めた私の拳は開かれ、その手でビーバーの頭をなでたのでした。中学受験の難しさは「勉強大嫌い、外で遊びたい!」という子供の本能を押さえ付け、どうにか勉強に向かわせなければならないという親のジレンマにある
と思います。「おしりでています」の最初の面談で私は「子供の個性を潰さないで洛星向けに仕上げて欲しい」とお願いしました。入江塾のおかげでビーバーは自分らしさを失わず最後までマイペースを貫き通しました。時には厳しく、でも一人一人を見つめ愛情を込めてご指導いただき感謝しております。今、ビーバーは「勉強はしたくないけど入江塾には行きたい!」そうです。(なにしに行くんだ?)
 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Eくん…洛南高校附属・高槻・東山(ユリーカ)・香川誠陵(誠陵スカラシップ) 合格

■大手の塾の宿題に追われ、気付けば勉強が大嫌いに

 僕は元々、大手の塾に通っていました。しかしサッカーをしていたため両立が難しくなり入江塾に転塾しました。その時、僕は大手の塾の宿題に追われ気付けば勉強が大嫌いになっていました。特に、国語が嫌いになっていました。国語の個人指導では小林先生、算数の個人指導では秋定先生に、また演習などでは、佐藤先生、八木先生、木村先生などから教わり、いつの間にか勉強が楽しくなり、目標を持って勉強すると模試の結果がどんどんあがりました。

 

■6年の11月の模試で洛南を意識し受験、そして合格

 11月の模試では、学校説明会で行きたい気持ちが強くなっていた洛南の模試を受け洛星の結果よりも判定がよかったので、「洛南を受けてみようかな」と思いました。算数は難しい問題になればなるほどやる気が出て問題を解く事が楽しかったです。しかし、国語は点数が一向に伸びず、課題になっていました。試験は、洛星が不合格になったときには落ち込みましたが、洛南は合格してやると、全てを出し切る気持ちで試験に臨みました。洛南高校附属中学校に合格できたのも色々な先生方の支えがあったからだと思います。本当にありがとうございました。

 

●Eくんのお母さん

■陸上は冬休み前まで頑張りました

 この度、洛南高校附属中学校に合格でき喜びと驚きでいっぱいです。育星舎の先生方には本当にお世話になりました。
息子はサッカーをしながら大手の塾に通っていましたが、大量の宿題、通う曜日が増えて彼の国語嫌いが極限に達し、このままでは勉強自体を嫌いになってしまうと悩んでいた時、知り合いのお母さんから「サッカーと受験の両立をするなら入江塾がいいよ」と聞き5年生の10月に転塾を決めました
6年の6月までサッカーを続け、志望する中学校に集中する為休部しましたが、陸上は冬休み前まで頑張りました。本当に運動を続けながらこれたのは入江塾のおかげです

 

■嫌いな国語のレベルが上がり、200字の記述が書けるまでに
駸々堂の6年生1回目は衝撃の4教科偏差値は56でした。ここまで悪くなっているとは・・・ 佐藤先生に「70を超えないと彼の志望する洛星は無理ですし、洛星算数対策にも入れません。算数はともかく国語はひどすきます。」と言われ、個人指導で国語と算数を受講する事にしました。息子の国語嫌いは相当で本は全く読まない子でしたので読むことからのスタート、いつも『よめ!』とプリントに書かれ、逆さ読み、勘違い読み、そんな国語の状態でしたが、小林先生・佐藤先生の指導により国語のレベルがグンと成長。記述が200字を埋められるようになったのは感心してしまいました。内容は間違っていたようですが(涙)

 

■好きだった算数はどんどん好きになり、模試では100点を取れました
算数は好きだったので、いつも宿題は算数ばかり優先していました。洛星の難しい算数に対応する為、「時間はかかってもいいので、ひらめきを大切に」と秋定先生の指導により算数はどんどん好きになり、模試では100点を何回か取れるまでになりました

 

■勉強を好きになるように頑張りました
ところが夏休み後半、気が抜けたのか秋のプレテストは散々たる結果で、判定もD判定「第一志望に受かる事は大事ですがそこに行くまでの過程で、どのような勉強の仕方をしてきたか、中学受験は決してゴールではなく中学に入ってから自分で勉強が出来るようになるのが大事です」と佐藤先生が仰ったのが印象に残り、結果が全てではなく勉強を好きになるように頑張りました。それからは具体性を持って定着するように全ての模試、プレテスト、過去問、解いて間違えたものは直しを徹底し弱点を明確にすることを意識し勉強しました。そして、最後の駸々堂の模試では偏差値71.5になり12月の他塾の模試では合格圏内になり冬期講習に向けて頑張る気持ちになったようです。

 

■入江塾の掲げる三位一体を身にしみて感じ受験を乗り越える事が出来ました
冬期講習は今まで一番集中していたようで、息子は先生を信頼し、親は秋定先生の「信じてついてきて下さい」のコメントに心ときめき、家では大晦日塾から帰ってきて「ガキ使見たい!」と言う息子に、家族みんな(姉中3含む)で洛南の過去問をして家族で息子の受験を応援し、1人で頑張るんではなく皆同じ気持ちだよという事を常に心掛け、入江塾の掲げる三位一体を身にしみて感じ受験を乗り越える事が出来ました。(ガキ使は無事見ました笑)

 

■親子共々成長できた1年でした
入江先生、佐藤先生、秋定先生、八木先生、木村T先生、小林先生、木村A先生他の先生方、息子の勉強嫌いをなくし、自分で考え自分の意志で頑張る強い気持ちも育ててもらったように思います。洛星に落ち次の日、洛南に臨む彼は本当に強くなってました!!
親子共々成長できた1年でした。本当にありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る


 

●Fくん…同志社・東山(エース) 合格

■6年生の11月の同志社オープンテストでは合格可能性20%以下の判定だった
ぼくは、5年生から入江塾に通いはじめました。
最初は、授業についていけるかとても不安でしたが先生たちがわかりやすく教えてくれてなんとかついていけました。
学校見学に行った時印象に残ったので同志社中学校を目指すことにしました。最初はがんばって勉強していたけど、天声人語の書写などをさぼってしまっている時もたびたびありました。そうしているうちに、6年生の11月に同志社のオープンテストがありました。
自分では全力でやったつもりでしたが、同志社に受かる確率が20%以下という厳しい現実をつきつけられたのです。

 

■その後勉強をがんばり合格 2年間の楽しい思い出

 それから同志社にうかりたいという気持ちが強かったので、がんばって勉強しようと思いました。勉強時間をふやし、苦手だった理科は父とがんばりました。その結果、努力が実り合格したのです。この合格は、入江塾の先生方や母と父が、ぼくに勉強を教えてくれたからだと思います。
この2年間の楽しい思い出は、絶対に忘れません!

 

●Fくんのお母さん

■駸々堂模試の偏差値からは、とても難しい志望校でした
このたび第一志望の同志社中学校に合格することができ、入江塾の先生方には大変感謝しております。
駸々堂模試の偏差値からは、とても難しい志望校でした。どうして合格することができたのか、2年間の塾生活の中で思い返してみました。

 

■ここまで個人を見てくれているのだと大変驚きました

 まず、入江塾が「子供の性格や勉強に対する姿勢を理解してくれていたこと」です。
我が子の場合、できない問題があると答えだけ写してあっさりとばしていく。算数で間違えた問題をちょっとした勘違いだと言って、きちんと理解しないまま次に進もうとする。一見ふつうに勉強しているように見えて実はサボっている、わかりにくい弱点がありました。
成績が落ちて面談を申し込んだ際に佐藤先生から指摘され、ここまで個人を見てくれているのだと大変驚きました。
これにはかなり粘り強く対応して下さって、夏休みあけ50しかなかった偏差値が11月の最終回には57に上がりました

 

■受験当日に向けて徐々に本気にさせてくれました
もう一つ、入江塾が「受験当日に最高のコンディションにしてくれたこと」です。
偏差値が落ちてしまった9月以降、志望校へ行くためにはどうしたら良いか、気合いを入れ直して勉強しろと徐々に本気にさせてくれました。
受験直前は過去問を解いては先生のところへ持って行き、いっそう真剣な顔つきで頑張っていたそうです。

偏差値が落ちても、オープンテストで合格可能性が20%以下と出ても、第一志望を絶対に変えないという我が子の強い(無茶な)意志に最後まで寄り添い合格まで導いてくださった先生方、ありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Gくん…同志社・立命館(アドバンスト)・東山(ユリーカ)・関西大学中等部 合格

■4年生のはじめから通塾 塾に行くのが楽しくてしかたなかった
ぼくは、4年生の初めから入江塾に通い始めました。
最初はボックスなどの計算方法があまり理解できなかったけれど、先生たちが分かりやすく教えてくれて理解できるようになりました。ほかにも個人指導などでとても分かりやすく教えてもらい、成績がぐーんと伸びました。
夏期講習などの休憩時間にアイスやパンのおやつをもらうことや、お弁当の時間に友達と話すのがおもしろくて、塾に行くのが楽しくてしかたなかったです。
受験直前の演習では過去問を解いて、わからなかったところを先生に聞くスタイルで行った結果、合格することができました。
この三年間、本当にありがとうございました。

 

●Gくんのお母さん

■本人なりのペースで学習する
息子は四年生のスタート時から入江塾にお世話になりました。
基本的に宿題は演習で行い、家では気ままに過ごす、というスタンスで本人は三年間続けていきました。親としては六年生になったら家でも勉強して欲しいと思い、いろいろ試してみましたが、やっぱり家では勉強せず、結局、本人とも話し合い、演習をたくさんいれて勉強時間を確保しました。それで良いのか心配でしたが、模試ではA判定をキープしていたので本人なりのペースだったのかと思います。

 

■塾では集中して勉強
時々、塾へお弁当を届けた時に教室をそっとのぞいて、集中して勉強している姿を見て、少しホッとしていました。
算数は駸々堂対策で、理科は個人指導をお願いすると、メキメキと点数が上がり、得意科目として自信につながりました。
苦手だった国語も六年生の十月から個人指導をお願いし、短期間でずいぶん力がつきました

 

■笑いの絶えない教室
先生方は一人ひとりの特徴、長所、弱点を理解して丁寧に指導してくださりました。そして様々なタイプの先生方がいらっしゃるので、息子は時に叱られたり、または甘えたりして充実した三年間を過ごせたのだと思います。
魅力的な先生方の温かみのあるご指導、穏やかな雰囲気で休憩時間には笑いの絶えない教室。そんな素晴らしい入江塾でとても良い受験ができたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にどうもありがとうございました。
 

                                            このページの先頭に戻る


 

●Hさん…同志社女子(WR 自己推薦)・京都女子(Ⅲ類) 合格

公立中高一貫校から志望校を変更
私が入江塾に通いだしたのは5年生からでした。
最初の頃は公立の中高一貫校を目指していました。でも、思ったよりも苦手な問題が多かったので、志望校をオープンキャンパスで心に残っていた同志社女子中学に変えました。そこからの駸々堂では算数の偏差値がなかなか上がりませんでした。簡単なミスが多いといつもいつも佐藤先生に注意されたけれど、最後の駸々堂では何回も見直しをして、今までで一番いい偏差値をとることができました。

 

二年間があっという間に感じられるほど楽しかった

 私は作文を書く事が苦手でしたが、本番では、時間内にすらすらと書くことが出来たので嬉しかったです。今でも作文を書く事は苦手でこの合格体験記を書く事も苦労しました(笑)
合格できたことは、優しい(笑)佐藤先生や八木先生、富田先生のおかげです。二年間があっという間に感じられるほど、楽しかったです。ありがとうございました!

 

●Hさんのお母さん
■親として一番考えたのは塾を選ぶ事だった

 入江塾には4年生の2月(塾での新小5)からお世話になりました。
無理のない、無駄のない指導をしていただき感謝しております。
2年間の中学受験を振り返り、親として一番考えたのは塾を選ぶ事だったと思います。
なかなか自分から積極的に行けない子供の性格を考えると、わからない問題や疑問を聞ける環境が一番大切だと考えていました。
しかし説明会に参加した他の塾では、質問があれば先生の時間があいている時につかまえて聞いて下さいとの事で、子供の性格上、聞けずにわからないままになる不安があり、また時間割のハードさにも疑問がありました

その中、入江塾のHPを見つけました。

 

■演習では先生に質問ができ、習い事をしながら通える

 演習で先生に質問が出来、時間割も他の習い事に合わせて通える。必要としていた形があり、子供も明るく楽しい雰囲気の授業を気に入り、入江塾での勉強が始まりました。
5年生は週2回の演習でしたが、6年生には演習をお弁当持ちの週3回に増やし、個人指導もお願いしました。
家では自分でわかる範囲の宿題をして演習でわからない事を聞く、というペースで全部自分で進め、勉強に関しては全て先生方にお任せし、親が関わる事はほとんどありませんでした

 

■大好きな友達の存在
また、楽しく通塾出来たのは大好きなお友達の存在が大きく、続けていく力になったと思います。
ミスが多い!と言われ続けても直らず、駸々堂模試の度に自分のミスを数えては悔しい思いをしていましたが、少しずつ力をつけていただきました。最終的には目標にしていた偏差値にとどき、自信を持てたようでした。
過剰に負荷をかける事もなく、コツコツと続ける子供の性格に合わせていただいたおかげだと思います。
自己推薦を通った後も、作文の指導に冬期講習~受験前指導と、入江塾で勉強出来る時間やお友達との時間を大切に最後まで参加する事が出来ました。

 

■中学受験の終わりはまた新しいスタート まだまだ勉強したい
親としては、学校見学や模試の付き添いなど、子供との行動を楽しんだ思い出に残る2年間でした。
まだまだ勉強したい、という気持ちを持って次に繋げる事が出来たのは、入江塾の先生方のお陰です。
中学受験の終わりはまた新しいスタートだと感じています。
本当にありがとうございました。
 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Iさん…同志社女子(LA)・平安女学院(RS+) 合格

■自分の実力に焦りを感じた

  私は、同志社女子中学校に合格しました。10月ごろに、いまの実力では、絶対『後悔』してしまう、と思うようになり、佐藤先生からも「いまのままだったら後悔するよ。」と言われていました。今まで自分よりずっと頑張ってきた人たちとの『差』が、どんどんあいてきていると思うと、自分自身あせってきていました。けれど、いつまでもマイペースな調子がなおらず、12月の冬期講習まできてしまうと、さすがにまずいと思い「第一志望校、不合格になってしまうんじゃないか…。」という言葉が頭の中で、しょっちゅう出てきてしまいました。

 

■自分を信じて受験に臨む

 けれど先生たちは、「頑張れ!」と、最後まで応援してくれました。そしていよいよ受験当日。不安と緊張でいっぱいでしたが、第一志望の同志社女子中学校に合格することができました。辛いときも楽しいときもたくさんありましたが、一番嬉しかったときが合格発表を見に行って、自分の受験番号があったことです。そのときはとてもホッとしました。最後に、皆さんも自分を信じて絶対合格できると信じて受験に臨んでほしいと思います!

 

●Iさんのお母さん

■目標を持って勉強する

 5年の秋から入江塾にお世話になりました。それまで娘に学校のテストなどで『良い点を取らなければ』とか『成績は良くなければならない』などと言ったことがなく、本人もそういう事を気にせずにいたので「受験を通して目標を持って勉強する」という経験が今後の彼女の人生にプラスになる良い機会だと思いました

 

■マイペースな本人なりに努力した受験生活

 ただ娘自身が受験をすると言っているわりに、あまりにマイペースで6年の夏休み前まで好きな習い事を続け、毎日楽しく過ごしていました。入江塾の多くの生徒さんが夏休み明けの模試の結果では大きく伸びを見せるとのお話でしたが、それとは正反対の娘の状況でしたので側で見ていて大変心配しました。それでも『分かっているからお母さんは何も言わんといて!』と言いますので、こちらとして出来るサポートをするよう努めました。娘は普通、決して楽ではないはずのこの受験生活を彼女なりのペースで努力した訳ですが、幸運なことに第1志望の学校に合格でき本当に喜んでいます。塾の先生方の支えと一緒に頑張れるお友達に恵まれた入江塾での時間が娘の満足のいく結果につながったのだと思います。ありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る


 

●Jさん…京都女子(Ⅱ類)・平安女学院(GS+ 学費全額免除) 合格

■初めはふわっとリラックスすることが大切

 私は入江塾に入る前は同じ育星舎の伸学αに通っていました。
でも私は自分の力を試したくなり、母と相談して入江塾に入ることにしました。みんなから少しおくれていて、追いつけるかどうか不安でした。今では全然気にならないようになりましたが、それは多分5年生の自分に「受験するんだ!!」みたいな実感がなく、気負わなかったからではないかと思います。だから初めはふわっとリラックスする事が大切だと思います。まぁそれで「しゃもじ」が出現しない訳ではなかったですが…。

 

■6年生になって気合を入れ、受験する自覚を持った
6年生になり夏期講習までずーっとふわっとしていました。でも、佐藤先生に京女も目指せると言われ、「このままじゃダメだ!!」と気合を入れました。そして始まったのが例年の人数より半分ほどの京女クラスです。担任はもちろん優しい(?)佐藤先生。そしてひたすら過去問を解く、徹底的に直す!それを毎回くりかえし、他の演習でもやりました。京女のテスト、特に苦手な理科はくりかえし解き、先生に聞き、言われた事はすべてノートにメモをしました。そのノートは試験の直前に見直しました。そんなこんなの内に「受験するんだ!!京女にいくんだ!!」という自覚がつきました。
そして私は春から京女のⅡ類の生徒としてあこがれの世界へと歩むことになりました。これまでお世話になった入江塾の先生方、そしていっしょに学んだ友達、「しゃもじ」や「熊の手」(笑)にはとても感謝しています。
 

●Jさんのお母さん

■4年の終わり頃から中学受験を目指し入塾 初めは付いていくのに必死だった

 娘は4年に進級する時、育星舎の伸学アルファでお世話になりました。
学校の勉強を少し早く予習して、苦手な算数を克服できたら…と思ったのがきっかけでした。それが、4年の終わり頃「中学
受験したい」と言い出し、他の生徒さんより3ヶ月程遅れての入塾となりました。
初めは、授業の雰囲気にも慣れないようで、何より勉強自体が今までと全然違うので、とにかく付いていくのに必死だったようです。宿題にも手をつけられない程理解できず、親子2人で解いたこともありました。

 

■少しずつ力がつき、京女の過去問でも点数が取れるように
6年になって、演習の時間を増やしました。佐藤先生から「理解力はあるから、あとはそれをしっかり覚えて応用すること、そして計算ミスは絶対しないこと」それを常に言われました
京女クラスに入り個人授業もお願いして、少しずつ力がついてきたように思います。五ツ木テストで国語でしか点数をかせげず、あとは散々だったのが、京女の過去テストでも国語以外で点数を取れるようになりました。
京女なんてとても無理…と思っていましたが、佐藤先生の励ましと導きでここまで引き上げてもらったおかげだと感謝の言葉しかありません。

 

■3年間の年月
そして伸学アルファから入江塾へ移るとき、背中を押してくださった木村先生にも感謝申し上げます。
こちらで過ごした3年間は娘の人生を変える重い年月だったと思います。そしてその年月を生かすかどうかは、娘自身にかかっていると言えるでしょう。

娘ならきっと糧にして頑張ってくれると信じています。

 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Kさん…京都女子(Ⅱ類)・京都聖母学院(Ⅲ類 学費半額免除)・平安女学院(RS+) 合格

■5年生で入塾し、6年生でやっと授業に追いついてきた

 私は5年になってから入江塾に入りました。その時にはもう授業が進んでいて、全然分からなくて追いつきませんでした。特に算数は苦手で算数をとにかく勉強していました。6年になり復習中心となったためやっと追いついてきたと思ったけど、理科とか社会はまだまだ覚えていないことがいっぱいありました

 

■過去問では一度も合格点を取れずに弱音を吐いた

 6年になり北野教室に行き、京女対策クラスも始まると友達が増えていきました。京女対策では過去問をやるのですが、はじめはひどい点数ばかり取っていて、「だめかもしれない」と思いました。結局過去問では一回も合格点をとれず、本番の試験前日まで弱音を吐いていました。でも前日に佐藤先生に「大丈夫かな」と聞いてみると「君ならいける」と言われ少し自信がつきましたまた京女対策でずっと一緒にいた友達からお守りをもらい本番にもっていく約束をしました。

 

■あきらめずにいてくれた先生

 試験当日は校門の前に佐藤先生がいて、京女対策の友達もみんな集まって、先生から応援グッズをもらいました。その応援グッズを見て、気を引きしめて挑むことができました。結果発表まで不安でしたが、合格発表で私の番号を見つけたときうれしい気持ちでいっぱいになりました。今まで絶対無理だと思われていた私が、ここまで成長させてもらったのは入江塾のおかげで、ずっと私をあきらめずにいてくれた先生方にとても感謝しています。また京女対策の友達は、みんなやさしい仲間であり最後まではげましあうことができることができ、とても心の支えになりました。今まで本当にありがとうございました。私はこの塾が大好きです。

 

●Kさんのお父さん

根気よくあきらめずに指導して頂けました

 この度は、娘が無事希望校に合格できたことを心から感謝しております。入江塾は本当に生徒一人一人に寄り添っていただける先生方ばかりで、学校でも塾でも「宇宙人」と呼ばれ、その思考回路がよく理解できない娘を根気よくあきらめずに指導して頂けました

6年生になる前、あまりにも成績が悪いため頻繁に怒ったり、受験自体をやめさせようと考えていたところ、佐藤先生との面談で「楽しそうに通っているからまだ大丈夫」「彼女にはとにかく成功体験を与えたい」といったお話を伺い目が覚める思いをしました。勉強を教えるだけではなく、娘をきちんと見て、受験を通してヒトとして成長させようという教育者としての考えを知り、親として今の自分の姿を反省し、入江塾にすべてをお任せすることにしました。

 

「勉強しなさい」と怒ることなく娘を応援した

 先生の方針に従い個人授業、演習を多めに入れ、家では勉強に関しては何も言わないように心がけしました。ですのでこの一年間「勉強しなさい」と怒った記憶もなく、早く寝かすことだけを心掛けました。模試の判定も満足できるものではありませんでしたが、これも「試験本番の前日まで子供は伸びる」という言葉を信じ娘を応援しておりました。ただ年末に“笑ってはいけない”をみてずっとバカ笑いをしている姿を見て、さすがに一瞬大丈夫だろうかと不安がよぎりましたが、その後、今まで見たことのない集中力を発揮し無事試験に臨むことができました。試験後塾にお礼の挨拶に行ったとき、佐藤先生が娘を見て少し涙を浮かべて喜んでいる姿を見て、これが恩師っていうんだなと娘がうらやましく思えました。2年間ありがとうございました。そしてできましたら今後も娘が(親が?)迷ったときはよろしくお願い致します。

 

                                                                                                                                  このページの先頭に戻る


 

●Lさん…京都女子(Ⅱ類)・ノートルダム女学院(Ste@m探究)

志望校は女子校と決めていた

 私は第二志望の学校の帰り道に結果を聞きました。お父さんとその学校のバス停に向かう途中の人が少ないところで問い詰めたら「合格してたで。」と言ってくれました。私はびっくりして今までのことを思い少し泣きそうになり、そして、安心しました。

私は4年生の一番初めから塾に通いはじめました。遠かったけれど一人で来れるようになりました。
初めは、理科、算数が良いと思っていて、国語と社会は普通くらいだなあと思っていました。学校のテストの成績が算数はとても良くて、理科もまずまずだったからです。しかし、塾に行き始めたら、それが一変し、社会と国語がとてものびて理科、算数が低迷しはじめました。とても社会はとくにのび、地理はものすごく得意になることができました。
志望校は随分前から女子校と決めていました。レベルなども合っていたし、クラブ活動や、図書室の広さなども考えて、京都女子中学校に決めました。志望校は変わることはなかったです。

 

■お父さんが家で勉強を教えてくれた
そして5年生になり、お父さんが家で教えてくれたおかげでだんだんテストも良くなっていきました。
そして、6年生にかけて私はそれぞれの教科で工夫をし始めました。成績は少し上がり、やった問題も復習もしっかりしました。
お父さんは度々頭を抱えてあまりのできなさに沈黙していたりもしていたけれど、冬くらいにほめてくれるようになりました。

理科はとてつもなく苦手で、塾の授業についていけないこともありました。なので、できるだけ家でお父さんと勉強したりしました。
社会はとても得意な教科でした。塾の木村先生の授業は地理では豆知識、歴史では最近あったその人物についてのでき事やその人物がやったことなどをすごくくわしく教えてくれてとてもためになりました。

 

■学習態度や、宿題・テストへの取り組み方に後悔
受験勉強で後悔したことが二つあります。一つは、塾での学習態度が非常に悪かったことです。先生に度々注意されても直ることがなかったので、もっと注意を聞けばよかったと思っています。私は中学校でもここは気をつけようと決めました。二つ目は、宿題や週テストを真面目にやらなかったことです。宿題はやろうやろうと思っていても、ついつい「忙しいし。丸つけしないでおこう。」と考えてさぼってしまったりしてしまって、週テストは、演習の時間が短かったためになかなかやりませんでした。私の成績が伸びずにすっと同じ程度だった理由はここに恐らくあります。

 

■一緒に学べてよかった
私は塾の女子みんなと話すことができました。とくに京女対策教室の人たちとは学校のことや成績などのことも打ちあけることができたり、おたがいをはげまし合ったりすることができました。本番の日に私が門の前でなぜか泣いたときも、笑ってはげましてくれました。本当に一緒に学べてよかったです。
最後になりましたが、指導してくださった先生方。本当にありがとうございました。私が合格できたのは態度が悪くてもずっと教えてくれた先生たちのおかげです。
本当にありがとうございました。

 

●Lさんのお父さん

通塾に1時間

 4年生から3年間、本当にお世話になりました。
娘は精神的に幼く、また学力にも不安がありましたので、塾を選ぶ際にはインターネットで色々調べました。そして入江塾のことを知り、訪問・見学を経て、通塾に約1時間かかりますがお世話になることに決めました

 

■受験における大切なこと
親として正直なところ、小学校高学年の大切な時期に良い先生、良い友人に囲まれて勉強することは、本人にとって受験の合否にかかわらず、かけがえのない財産になると考えていました。また受験に成功すれば全て良しというものではなく、もっと大切なことがあり、中学・高校で積極的に色んな経験をしてほしい。そういう観点からも入江塾の方針は賛同できるものであり、本当にきめ細かく面倒を見ていただき、心を広めていただいたことが何よりも有意義なことでした。

 

■伸びやかに過ごせた
おかげさまで、娘はいつも喜んで通塾していました。2年の頃には学校の勉強もいい加減で、心配が尽きなかった娘ですが、5年になると成績も安定し、少ない勉強量ながらも徐々に自主性も芽生えてきました。算数を苦手とし、避け続けていましたが、5年の後期になると少しは自分から取り組むようになりました。また、授業中集中力を欠くことも多く、やる気も持続できなかった娘でしたが、先生方のご指導のおかげで、一度も欠席することなく通い続けることができました。特に勉強に対する姿勢についてご指導いただいたことについては、中学入学以降も課題とし、改善を図らねばならないと思っています。
娘が最後まで伸びやかに過ごせたのは、信頼する入江塾の先生方に温かく見守っていただいたおかげだと感謝しております。入江塾の先生方の教えを胸に刻み、広い心と謙虚に学ぶ姿勢を持つ人間に成長して欲しいと願っています。

                                             このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Mさん…大谷(マスター 学費全額免除)・龍谷大学付属平安(特進B 学費半額免除)・京都学園(GN一貫 A特待)合格

通い始めて半年くらいは辛いときもあったが、その後塾が楽しくなった

 私は五年生の春ごろに、地域からはなれた中学校に行ってみたいなと思い始めて、母に相談したところ、連れて行ってもらったところが入江塾でした。
塾に通った経験が全くなかったので、数ヶ月は授業を聞いていても全く理解できなくて、宿題は十分の一(?)ぐらいしか解くことができませんでした。今、ふり返ってみると、そんなところからのスタートでした。

通い始めて半年ぐらいは、勉強もついていけないし、話ができる友達もいなかったので、辛いときもありましたが、いつのまにか自分の勉強スタイルができて、友達の輪の中にも入れるようにもなって、一段と塾が楽しくなりました。

 

■女の先生に「ぎゅっ」と抱きしめてもらえるのがパワーに
成績は上がったり下がったりと、いろんな状態の時がありましたが、先生方はどんな時もそばにいてよりそって下さいました。成績が下がった時は苦手な課題に集中的に取り組み、理解できるまで、あきらめず熱心に教えて下さり、成績が上がった時は、一緒になって喜んで下さり、それが何よりも私の励みになりました。そして、女の先生に「ぎゅっ」と抱きしめてもらえるのがパワーになりました。
私はあたたかい入江塾だからこそ、通い続けられたのだと思います。
一年半という短い間でしたが、ありがとうございました。
私は入江塾が大好きです!

 

●Mさんのお母さん

しんどいけどやっていける!

 五年生になり、暫くして娘が急に中学受験をしたいと言い始め、慌てて塾を探し、入江塾のホームページを見つけて、六月から入塾し一年半お世話になりました。
それまで塾に通った経験もなく、学校の宿題しかやっていない生活を送っていたので、通い始めた頃は授業の内容も理解できず、宿題に追われ、今までの生活から一変し、半年ぐらいはしんどい毎日を過ごしていたのを覚えています。
それを側で見ていて私は何度か本当にこの生活が続けていけるのかと娘に聞いたことがあります。
すると娘は、しんどいけどやっていける!と力強く返してきました。
今思うと、きっと娘はこの時すでに入江塾に魅力を感じていたのだと思います。

 

塾に行きたくないと言ったことはない

 それからは仲の良いお友達もでき、先生方との距離もぐっと縮まり、塾に通うことが楽しくて仕方がないようでした。
家でも佐藤先生、八木先生とのやりとり、生徒さんとのやりとり、一部始終喋ってくれていたので、私も毎日聞くのが楽しみで沢山笑わせて頂きました!!
この一年半、遊ぶ時間を受験勉強にあて、夏期・冬期講習では朝から夕方まで塾で過ごし、体力的にもきつく、成績につながらなかったときは精神面でも辛かったと思います。しんどい事のほうが多かったのではないでしょうか。
でも娘は一度も塾に行きたくないと言ったことはありませんでした。

 

ゼロからのスタートだった

 勉強は正直しんどいけど、でもやっぱり楽しい!それでも通いたい!と思える魅力が入江塾にはあるのだと思います。
その良き環境を作って下さったのは、仲良くして下さったお友達、どんな時も全力で指導して下さった沢山の先生方のおかげだと思います。
ゼロからのスタートだった娘を志望校の合格まで導いて下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。入江塾で学んだことが、これから先の娘の人生にきっと役立つことと思います。
本当に有り難うございました。

                                             このページの先頭に戻る


 

●Nくん…大谷(マスター 学費半額免除)・京都産業大学附属 合格(マナ英才学院出身)

■2年の時からマナ英才学院に通い、4年生のとき受験をすると言った
僕は、2年の時からマナ英才学院で、国語と算数を学んでいました。そして、4年生のとき自分で「受験する」と言ってから、僕の受験生活が始まりました。その受験生活では、成績は思うように伸びなくて悩みました。そんな時、佐藤先生に「あんた、受験する気あるの?」と聞かれ、くやしくてがんばるようになりました。
そして夏休みのとき、うしろの席の親友に「いっしょにがんばろうね」と言われてやっとやる気を出しました。

 

■今まで指導してくれた先生に感謝
6年生の最後の1年間 個人指導していただいた算数の鎌田先生は教え方が上手で、最後の日まで応援していただいて感謝しています。
他にも国語の個人指導をしてくれた小林先生にも感謝しています。
今まで指導してくれた佐藤先生、八木先生、小林先生、鎌田先生 ありがとうございました。
試験当日に来て下さった佐藤先生には勇気をもらいました。
僕は塾でできた親友と入江塾の先生と入江塾が大好きです。

 

●Nくんのお母さん

■学校の見学・体験を通して行きたいと思う学校に出会った
小学2年の頃より、マナ英才学院の文々くらぶから入江塾と長きに渡りご指導を頂きました先生方には大変お世話になりました。
読解力に欠ける・・・
通知表に書いてあった時にどうしたものか?と悩んでいた時に育星舎と出会いました。

3年生から入江塾で学ばせてもらうようになり沢山の塾仲間と共に学ぶうち、4年生も終わろうとしている頃に「僕も受験をする!」と言うようになりました。中学受験など我が家ではほとんど関係のない話だと思っていたのですが、先生からオープンスクールなど沢山の学校を見て来て下さいとアドバイスをいただき、いろんな学校を見学・体験していく内に息子自身が行きたいと思う学校に出会う事もでき、家族も中学受験というものに向き合う事ができるようになりました。

 

■成績が行き詰る事もあったが諦めずに頑張ってこられた
模擬試験を受け、自分の中で少し良い結果が出れば次の模試は散々な結果。そんな事を繰り返しており「受験する!」とは言ったものの、思うように成績も伸びず行き詰る事も多々ありました。
そんな時には先生方の愛情たっぷりの叱咤激励!そして沢山声をかけて下さっていたので諦めずに頑張ってこられたのだと思います。

個人面談の度に、塾での態度など聞くたびに、申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、息子の性格・個性を本当に良く理解し接し指導して下さった事に感謝しかありませんでした。
6年生になると、毎月届く先生方からのコメントを何度も読み返し、自分に足らない所 注意する所には赤線を引いて頑張るようになって行き、少しずつ変化が見えるようにもなりました。友達も頑張っているから俺もやる!塾の仲間と会うのが毎日楽しく、目指す学校こそ違うものの、「合格!」と言う目標に向かって一緒に頑張り、励まし合える仲間の存在は大きかったと思います。

 

■受験当日はリラックスして試験会場に入って行った
受験当日には佐藤先生に応援に来て頂き、緊張していたはずなのに先生の顔を見た瞬間、とっても安心した様子でした。
気合い入れの一発と一人一人に手渡して頂いた合格祈願を握りしめ、これからアトラクションにでも乗るのかと言うくらいリラックスした表情で試験会場に入って行った姿がとても印象的でした。
良い結果を先生方に報告することができて、大変うれしく思います。
長い間、本当にお世話になりました。
有難うございました。
 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Oくん(マナ英才学院出身)…大谷(マスター)・文教(ACTα) 合格

ものごころついたころからマナスクール(現 マナ英才学院)に通っていました

 僕は、ものごころついたころにはマナスクール(現 マナ英才学院)に、そして入江塾に通っていました。
受験というものを意識しはじめたのは、5年生のときでした。どの学校を受験したいか、いろんな学校を見てきてくださいと塾の先生に言われ、初めてクラブ体験もあるオープンキャンパスに行きました。僕はそこで1校目に行きたいと思う学校に出会いました
塾に通うのはとても楽しみでした。勉強は苦手だったけれど、佐藤先生や八木先生、梅田先生に本当にわかりやすく教えてもらいました。少しわかるようになってくると、問題が解けたり、それがうれしくなってだんだん楽しくなりました。
受験の日も、友達や先生も来てくれたので、緊張せずにいつも通りの模試のような気持ちで受けられました。合格できたことは、本当にうれしかったです。
本当に長い間、ありがとうございました。

 

●Oくんのお母さん

オープンキャンパスで行きたい学校を決めた

 入江塾の先生方、それより前にお世話になっていたマナスクール(現 マナ英才学院)の先生方、本当にありがとうございました。お陰様で第一志望に合格することができ、喜んでおります。
1年生のころから通ってはいるものの、落ち着きはなく、集中力もなく、この先どうなるのだろうと思っていました。
息子が変わりだしたのは、オープンキャンパスで学校体験をして、この学校に行きたいと決めたことでした。けれど、いよいよ6年生になってからも土日は野球を続けており、本人もあせりもなく、模試の成績もどうなっているの?という結果でした。

夏ごろには、野球も6年生という最後の学年ということもあり、試合と受験校の説明会やプレテスト、模試などが重なったり悩みながらも参加することができました。

 

■時には親のように接してくださった
 何より頑張ってこられたのは、塾でのお友達と会えることの楽しさ、そしてこんなのんびりな息子に個別でわかりやすく教えて下さり、時には親のように接してくださったからだと思います。
入試当日に佐藤先生が来てくださり、緊張している子どもたちに円陣を組んで和ませていただき、カツを入れてくださったこと、そして先生方からのメッセージ入りの合格祈願のプレゼント、とても心強かったです。
思ってもいなかったコースへの合格も信じられない思いでいっぱいです。よくここまでにしてくださったこと感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る


 

●Pくん…東山(ユリーカ)・京都学園(GN一貫 A特待) 合格(マナ英才学院出身)

■面談室に呼ばれたことをきっかけに努力するようになった

 僕は二年生からマナ英才学院、四年生から入江塾で勉強しました。入江塾では佐藤先生八木先生入江先生秋定先生などいろいろな先生にお世話になりました。佐藤先生にある日、面談室に呼ばれ「真面目にやる気があるのか!このままだと絶対に第一志望に合格することができないぞ!」と言われました。この時は悔しくて泣いてしまいそこからは、なるべくふざけないように努力しました。そして受験当日に応援に来てくださった佐藤先生に頑張ってこい!と手作りの消しゴムケースにはいった消しゴムとお菓子そしてなによりも嬉しかったのはすべての先生方からのメッセージカードでした。試験の間の休憩時間にそのメッセージカードを読むことで次のテストを落ち着いて受けることができ見事第一志望に合格することができました。今までほんとうにありがとうございました。

 

●Pくんのお母さん

■2歳上の姉に続き第一志望に合格

 入江塾の先生方、2歳上の上の姉に引き続き本当にありがとうございました。
やんちゃで、いつまでたっても幼く、6年生になった時は本当にこの子は受験できるのだろうかととても心配しましたが、
無事第一志望の東山中学ユリーカに格することができました

 

■不安なことは相談 塾の友達関係は良好

 6年生の 夏休みを過ぎても模試の結果もなかなか安定せず、最後まで一喜一憂し、焦りが出て不安になり佐藤先生に相談すると、「お母さん一人で抱え込まずいつでも相談してください。」と言葉をかけていただき、時には笑い飛ばして下さりとても心強かったです。
子供は毎日楽しく塾に通い、冬休みや受験直前の演習でパンやおやつをもらった話や友達の話をいつも楽しそうにしていました。
それなりにストレスもあったと思いますが、塾の友達関係もとても良く、みんなで頑張って一緒に合格しよう!という雰囲気が良かったのだと思います

 

■これからの人生が本番

 2つ上の姉の時に、入江塾出身の子供達は中学に入ってからの成績が良いとお聞きしていましたが、実際娘も中学に入ってから本当によく頑張っています。中学合格が最終目標ではなくこれからの人生が本番なのだと分かっているのだと思います。
息子もまたこれから新しい目標に向かって頑張っていけると思います。
楽しく、優しく、時に厳しく指導して下さった入江塾の先生方、本当にありがとうございました。

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Qくん…東山(エース)・龍谷大学付属平安(特進B 学費半額免除)・大谷(マスター) 合格

■入ってすぐの頃は授業についていけなかった

 僕は4年生の時に入江塾に入りました。
入ってすぐの頃は授業にもついていけず、宿題も出せないときもありました。
特に算数が苦手でいつも後回しにして、なかなかできるようになりませんでした。
テストで悪い点を取って先生を困らせたこともあったかもしれません。

 

■問題が解けるようになると勉強がおもしろくなってきた

 でも佐藤先生や八木先生、大久保先生などの先生方はわかりやすく教えてくださってちょっとずつできるようになりました。けれど算数の偏差値はいつも40台でなかなか50台に届きませんでした。だから初めて算数の偏差値が50台になったときはとてもうれしかったです。
最初は勉強が嫌いだったけど、問題が解けるようになってくると勉強もおもしろくなってきて、第一志望の学校に合格することができました。
僕一人ではこんなにがんばれなかったし、合格できたのは入江塾の先生方のおかげです。
この三年間こんな僕に勉強を教えてくださって本当にありがとうございました。
 

●Qくんのお母さん

■6年生になって志望校探しをはじめた

 入江塾のことを知り合いから聞き4年生から入江塾に通い始めました。
親子とものんびりしており6年生になるまではただ授業を受けに行っているだけで志望校も決めていない状態でした。6年生になりあわてて志望校探しをはじめ、志望校という目標を作ると少しやる気も出てきていたのでもっと早く一緒に学校を見て回ったりすればよかったと親として反省しています。

 

■大嫌いだった算数も少しおもしろくなってきたと言うようになった

 模試を毎回受けるようになると特に算数ができていないことがわかり、少しでもできるようにと家ではついつい口うるさく本人のやる気を削いでしまうようなことを言ってしまっていました。ですが、先生方は子どものことをよく見てくださり、点数が取れないときでも必ず結果はついてくると励ましていただいたようで、本人も途中でくじけることなくがんばることができました。冬期講習のころには大嫌いだった算数も少しおもしろくなってきたと言うようになっていました。

 

■勉強は塾でするという形にした
 受験近づくにつれ通塾の時間をだんだん増やし、勉強は塾でするという形にしていったことも私たち親子にとってはよかったと思います。
試験当日も試験会場で先生と一緒に受験するみんなが集合し、いつも通りの感じでみんなと一緒に笑顔で教室に入っていくことができました。

 

■根気強く見守って指導していただいた
今回志望校に合格できたのも根気強く見守って指導していただいた先生方のおかげであると思います。また一緒に勉強し刺激しあえた塾での仲間の存在もとても大きかったと思います。入江塾での先生やみんなと一緒だったからこそ最後まで受験勉強を楽しくやり遂げられたのだと思います。
本当にありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る


 

●Rくん…京都学園(GN一貫コース A特待) 合格

■入江塾で仲間が増えた
僕は、6年生になっても地元中学校に行くか、中学受験するか、迷いまくっていました。
でも、先生達は、急かしたりせずにずっと待ってくれました。
そして、僕が京都学園に行くと決めたら京都学園の問題を沢山コピーしてくれたりして、助かりました。
また、入試当日に京都学園へ来てくださり応援グッズまで持って来て下さり、とても嬉しかったです。試験中に食べていいよと言われたものも、「合格」という文字が入っており、もったいなくて食べられませんでした。
また、僕は、夏期講習や冬期講習中に何度も行きたくないと思った事があったけど行ってみたら同じクラスの人達がいっぱい居て休憩中に色々な話も出来て、とても楽しい授業だったり演習でした。
仲間も増えたので、育星舎 入江塾に行って良かったと思いました。


●Rくんのお母さん 

■中学受験のスタイルは人それぞれ

 私達家族は、生きて行く上で本当に大切なもの、忘れてはいけないもの、それは「ありがとう」と感じる心、見える瞳だと思っています。
中学受験のスタイルは、人それぞれです。中学受験をする上で大切にしている事も各家庭それぞれです。
息子は、小学校での活動(全て縦割り活動が盛んな学校です)を自分も主になって頑張りたい、全学年の事を考えてやりたい、と言う思いが強く受験するかどうかさえ小6の11月まで本気で悩んでいました。
入江塾の先生方は、息子の想いをよく理解下さり中学受験塾なのに受験するかどうかわからない息子の決断を黙って見守っていて下さいました。

 

■「M r.計算」というニックネーム
 決断してからも、計算ミスをすごくしてしまう息子に激励と愛情いっぱいに想いを込めて「M r.計算」とニックネームをつけてもらい、親子共々、モチベーション保持のキーワードとしていました。
試験当日の朝、手渡しして下さった応援グッズの中の先生方のコメントに、
「M r.計算は封印して!」と書いて下さっていました。
「封印する!」と言いながら笑顔で受験するという、素敵な貴重な中学受験をさせて頂きました。入江塾だからこそ、様々な事に「ありがとう」を発見できた、感じる事が出来たと思います。
大手の塾から小4で入江塾に変わり温かくユーモアたっぷりの先生方にお世話になり本当に感謝しています。
ありがとうございました。

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Sさん…立命館宇治(国際入試) 合格

■次はできると思わせてくれた

 私は5年生の春から入江塾に通いだしました。最初は、軽い気持ちで塾に通っていました。
そして5年生の第2回の模試を初めて受けたとき、あまりにもひどい点数で、とてもショックでした。この出来事で、演習を増やしていきました。それからの模試は上がったり下がったり、下がることも多くて、親にも説教されるし、自信がなくなっていきました。でも、先生は、この問題だったら、いつもなら解けたやん!と、叱咤激励してくれて、次はできるな、と思わせてくれてうれしかったです。
ありがとうございました!

 

■立命館宇治中を第一志望に、国語と算数の個人指導を入れた
そして、6年生の春、立命館宇治中のオープンキャンパスに参加しました。学校は広くてキレイだし、生徒さんにも優しくされて、好印象を持ち、ここなら受験しても良いかな?と思い、第1志望に決めました。
でも、その時の成績では受かるはずがありませんでした。なので、苦手な国語と算数の個人指導を入れてもらいました。
佐藤先生は一つ一つ丁寧にわかりやすく教えてくださって、今までできなかった問題もできるようになりました。教え方がとても上手で、頭が良くなった気分でした。梅田先生の国語では、読解力がついてきて、物語や文章を読むのが楽しくなるほどになりました。

 

■試験当日は緊張したが自分の力を出し切ることができた

 そして試験前日、、
私は佐藤先生にたくさんのアドバイスをもらい、友達には手作りの御守りをもらいました。
そのおかげで、少し緊張が緩みました。
当日は緊張しすぎて、ドキドキしっぱなしでした。学校へ向かう道で、手作りの御守りを握りしめ、佐藤先生の言葉を思い出しながら、歩きました。
そして、試験では、自分の力を出し切って終わることができました。

 

■合格したとわかり、お母さんと嬉しくて叫び合った
合格発表の日、、私はドキドキしながらお母さんとホームページを開きました。
結果は合格でした!お母さんと嬉しくて叫び合いました。
私が合格できたのは、先生方が私を励まし、あきらめず、丁寧に教えてくださったことと、私のことを応援してくれる友達ができたからだと思いました。
今もこれからもずっと感謝します!本当にありがとうございました。
入江塾が大好きです。
 

●Sさんのお母さん

■海外生活で2年間のブランクがあってもフォローしてもらえる塾を探していた

 約2年間、本当にお世話になりました。
娘が入江塾に通塾し始めたのは、5年生の春からでした。娘は、小学校2年生から4年生まで海外で生活していたため、中学校では得意な英語を伸ばすために、私学をと親は思っていました。ですが、2年間のブランクがある娘は、学年相応の学力には到底及びません。競争主義の大手の進学塾ではフォローしていただくのは不可能だろうと思っていたので、個人的にもフォローしていただける塾を探していました。その時、知り合いに娘さんを入江塾に通わせておられた方がおり、先生がすごく良いよ、しっかり子どものことをみて指導してくれるよ、と教えていただき、入塾することにしました。

 

■少し家から離れているが苦にならずに通えた
入江塾は、少し家から離れていますが、塾でしか会えない友達が出来たり、ユニークで熱い指導をしてくださる先生方との出会いもあり、苦にならずに通えていました。
勉強の方も、通常授業でわからないことは演習で、それでもわからないことは個人指導で、と、学力も伸ばしていただきました。
入江塾で良かったと思える点は、他者との比較をしないこと、子どもの可能性をあきらめないこと、愛のある熱い指導をしていただけることかな、と、思います。
そして、何よりおかげさまで、第1志望の中学校にも合格することができ、本当に感謝しております。ありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る


 

●Tさん…京都産業大学附属 合格

■1点でも多く点がとれるようにがんばった

 私は京都産業大学附属中学校に合格しました。合格できたのは両親・塾の先生のおかげだと思います。私は一度、京都産業大学附属中学校の受験に反対されていました。私の学力では難しいし、たくさん勉強させられるからです。しかし私の母は、その中学に行かせたいと頼んでくれました。そして私は毎日、計算をしたり暗記もたくさんしました。塾ではたくさん過去問をといて、1点でも多く点がとれるようにがんばりました。

 

■先生からのメッセージで自信が持てた
そして本番。ものすごく不安でした。応援の先生に「がんばれ。」と言ってもらい、応援グッズには先生からのメッセージがあり、自信をもつことができました。A1日程のあとはただ合格を祈るだけでした。そして合格したとわかったとき、ものすごくうれしかったです。応援してくれた塾の先生、お父さんとお母さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。先生は、「入ってからが大変」と言っておられました。
入ってから、ついていけるようにがんばります。

 

●Tさんのお母さん

■受験校は悩んだ

 12月の上旬まで悩んでいた受験でした。受験すると決めた後も、受験校を悩み、結局、「彼女には厳しい(きっぱり)」と言われた学校を受験しました。現実をかえりみず、この学校を受験しようと思った理由は、ためしに過去問をやらせてみたら意外と解けたこと、これまで言い続けてもなかなか集中しない彼女の偏差値判定であれば、本気にさえなれば必ず結果がでるはずと思った親心、そして、面談に同席して、自分の厳しい状況も、先生たちがどう考えておられるかも理解したうえでチャレンジしたい、がんばる、と言う彼女を信じようと思ったこと、これらの理由から、他はどこも受けず、地域の学校へ行くことを覚悟して「望みがないこともないだろう」に賭けることにしました

 

■合格の喜び
こんな土壇場に方針を変更したことで、先生方にとても申し訳ない気持ちでいたので、合格できて本当にほっとしました。安堵した分、言いたいことがいっぱいでてきて、ねぎらいもそこそこに、これから本気で勉強をがんばろうといきなり諭していたのですが、夕方、センター受験から戻ってきた兄が「よかったなあ、やったなあ」と心からねぎらっているのをみて、そうだ、よくがんばったなあ、とやっと思えた自分に気づきました
冬休みからの毎日は休みなく演習に参加しました。塾の帰りの車の中で、母の話にいつも耳ふさいでいた彼女が、あきらめずにがんばってこれたのは、彼女らしい受験を最後まで支えてくださった先生方と、目標をもってがんばるお友達と過ごした濃い時間だと感じています。子供に寄り添い、子供を真ん中に考えてくださっている入江塾には兄も妹も、中学受験を支えていただきました。本当にありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Uさん…京都産業大学附属 合格 のお父さん

■通塾は土日休みが絶対条件

 職場の同僚から習いことをしていても通える進学塾があると紹介を受け、当時ミニバスのクラブ活動をしていた娘が入江塾に入塾させていただいたのは小学4年生のときでした。
所属するミニバスは毎週水曜日と週末土日が練習日で、月に数回の遠征、泊まりの遠征もありとても精力的に活動しております。
バスケ漬けの生活を送っていた娘にとって塾に通うというのは土日休みというのが絶対条件でした。

 

■面談で説明しクラブ活動のことを理解してもらった
早速子供を連れて実際の授業の様子を見学させていただくことにしました。
小学生にしては授業のスピードが速いように感じましたが、生徒さんはみな熱心に授業を聞いておられました。
先生との面談でこちらの事情を説明し、クラブ活動のこともご理解していただきました。
また、娘は人見知りで自分から友達に声をかけるのが得意ではなく、クラスになじめるか心配でしておりましたが、そこも先生から高学年になるとみんなで弁当を食べるようなり和気藹々とした雰囲気になるので心配はいりませんとおっしゃっていただきました。

 

■勉強のことは塾に任せ、一切口に出さないようにした
6年生のはじめに保護者向けに説明会を開催していただいたときのお話しが非常に印象に残っております。
どうか「家で勉強しなさい」と言わないでください、勉強のことは一切塾を信頼して任せてくださいとのことでした。
5年の終わりになっても家で塾の宿題をすることもなくだらだらしている態度に、つい強い口調で「宿題終わったの?いつやるん?」など言いたくはない言葉を発し、娘はその言葉に反発し家庭内の空気が悪い時期でした。
説明会以降、私は一切勉強のことは口に出さないようにしました。

 

■受験をするか、公立でバスケを続けるのか
 6年生になり部活でキャプテンに選ばれると、娘はチームをまとめることが求められ責任も増し、ますますバスケが楽しくなってきたようでした。
と同時に受験して私立に行くのか、このまま京都府下でも強豪の公立にすすみバスケを続けるのか非常に悩んでいる様子でした。

相変わらず家で宿題をする様子は見られませんでしたので、親としてはもう受験は半ばあきらめるようになりました。
バスケも忙しいし、もう塾も辞めてもいいよというまでになったのが、夏以降だったかと思います。

 

■気持ちが揺れ始めている
自分の成績が悪いと自覚するようになったのか自ら進んで机に向かう時間が増えたように感じました。
また、この質問に答えられる?などと家で社会や理科の問題を出してくるようになり、勉強に対して前向きに取り組んでいる様子が見られるようになりました。
先生の奨めもあり、志望校のオープンキャンパスに行くと大学のキャンパスのような校舎に明るい雰囲気の授業風景に娘の気持ちが揺れ始めている事がわかりました

親としては絶対ここに行ってほしいとは言わず、あくまで自分が行きたくないなら行かなくてもいい自分でじっくり考えなさいといいました。

 

■合格してからも公立か私立かで悩み、私立に行くことを決心した
受験の日は先生やクラスメイトからの応援を背に受験し、自信がないと言っておりましたが結果合格を勝ち取ることが出来ました。
最後の最後まで娘は地区の公立か私立か泣きながらも悩んでおりましたが、よく相談し合格した私立に行くことを決心いたしました。
娘にとっては人生の大きな決断だったと思います。
平日しか時間が取れない娘が受験に合格できたのは先生方の熱心なご指導のおかげであるととても感謝しております。
この志望校の選択が娘にとってよいものであったと言えるよう、今後も支えて参りたいと思います。

                                            このページの先頭に戻る


 

●Vくん…京都文教(ACTα)合格

■先生の応援で緊張がやわらいだ

 ぼくは最初は宿題などをなかなかやっていかないダメな生徒でした。でも、ていねいに教えてくれた先生達のおかげで、最後までがんばれました。塾で友達と仲良くでき、その友達に教えてもらったり、友達ががんばって勉強しているところを見て、自分もがんばろうと思えました。
試験の前はとても緊張していたけれど、試験当日に先生が応援グッズを持って来てくださって、応援の言葉ももらい、緊張がやわらいで試験に集中できました。
試験のことはもちろん、他のことも色々助けてくれた塾の先生達に本当に感謝しています。本当にありがとうございました。
 

●Vくんのお母さん

■四年生の秋に入塾するも学習への取組はひどいものだった

 息子は四年生の秋からお世話になりました。初めは、私立中学校に行くという明確なことは決めておらず、本人も友達と一緒に地元の中学校に進学するつもりでいたのですが、中学校進学の選択肢の幅を広げておきたかったので通塾することにしました。兄が入江塾でお世話になったこともあり、迷うことなくこちらにお世話になることにしました。

本人に目標があった訳ではないこともあり、学習への取組はひどいものでした。家で宿題はしない、演習も遊べなくなるから沢山は行きたくない…目標が決め切れない中で頑張れなかったり、様々な要因で彼の思いは揺らいでばかりでした。
それでも、彼の状況を的確に理解してくださり、本人にどうしたいかも聞いていただいて、丁寧に対応していただきました。進学塾でこのような対応、指導をしてくださることは、入江塾ならではなのではないかと思っています。

 

■そろそろ本気出そうよ
六年生になっても、まだまだ受験生とは思えない様子でしたが、理解に時間がかかる算数は個人指導をお願いし、演習も本人の状況に合わせて臨機応変に対応していただきました。先生方からいただいた年賀状に「そろそろ本気出そうよ」と激励?!していただき、何とかモチベーションを保つことができました。本番も佐藤先生からのメールでの励まし、門の前で個人指導の木村先生にお言葉と応援メッセージの入ったグッズをいただき、緊張の中でも力を出して、無事合格することができました。

 

■結果だけでなく今後を見据えた指導をいただけた
 入江塾は個々の能力を区別しないのでギスギスせずにみんなが仲良く一緒に頑張れますし、子供達の集中力を考えた指導や、結果だけでなく今後を見据えた指導をいただけたことは、息子にとって大きな財産になったのではないかと思っています。親子の願いに寄り添い、対応していただいた先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           


 

●Wさん…同志社女子(LA 自己推薦)合格

■入江塾出身の姉が支えてくれた

 私は、同志社女子中学校に受かることができました。この学校に入れたのは、家族・塾の先生方のおかげだと思います。私に受かってほしいと一番願ってくれていたのが姉でした。駸々堂でいい結果が出るようにと、直前に地理のまとめプリントも作ってくれました。姉がいないと私はこの中学校に入れなかったのではないかと思うほど、姉は私の支えでした。合格したとき、家族のみんながとてもよろこびました私は、うれしいけど本当に受かったのかな…と喜びと不安がまざりあって、なんともいえない気持ちになりました。
これまでの生活をふり返ってみると、教科書や資料を見て覚えるのに苦労したり、問題のとき方になやんだり、いい点が取れなくて落ち込んだり、大変なことが多くあったけれど、自分にとっていい経験になりました。この思い出を大切に中学校でもがんばりたいと思います。ありがとうございました。

 

●Wさんのお母さん

■自立心を持って学習に取り組めている入江塾出身の長女を見て

 こどもに中学受験をさせようと思い立ったときにまず考えたのは、「時間と大量の課題に押し流されるような受験勉強はさせたくない」ということでした。取り組み、つまずき、克服する、この流れをきちんと踏んでいくだけの時間の余裕がなければ、将来につながる力はつかないだろうと思っていたからです。その考えにぴったりと合ったのが入江塾でした。

そうして入塾し、無事に志望校に合格できた長女も、もう高校生。自立心を持って学習に取り組めているのも入江塾に通っていたおかげだと思っています。その姿を見ておりましたので、次女も入江塾でお世話になることに迷いはありませんでした。

 

■最後まで頑張りきることができた

 長女とは異なりおっとりタイプの次女。同女の自己推薦で必要な駸々堂で得点が伸びず、ひとりさめざめと泣いた夜もありましたが、先生方のきめ細やかな指導と姉の叱咤激励のおかげで、最後まで頑張りきることができました。通塾に際しては保育園からずっと一緒のUさんにお世話になるなど、多くの人に支えられた3年間。お世話になった人たちへの感謝の心を忘れず、これからの中学校生活を伸びやかに過ごしてほしいと願っています。

 

                                                                                                                                  このページの先頭に戻る


 

●Xくん…東山(ユリーカ)・京都産業大学附属(C特待)合格

■春期講習と冬期講習のときはパンを、夏期講習のときはアイスを配ってくれた

 ぼくは、3年生の2月から入江塾に通い始めました。
入江塾は授業時間と宿題が少なく夏期講習でも旅行に行くことができる塾です。
そして、春期講習と冬期講習のときはパンを、夏期講習のときはアイスを3時頃の休憩に配ってくれ、気分転換になり勉強により集中できました。
ぼくは、そういう環境と厳しく指導してくれる先生方がいたから東山中学ユリーカコースに行くことができました。
入江塾の先生方3年間ありがとうございました。

 

●Xくんのお母さん

■1年生の頃から科学の学校に通っていた

 3年生の2月から3年間、大変お世話になりました。
息子は科学の学校に1年生の頃から通っており、科学の学校の先生がとても良い先生でしたので、同じ育星舎の入江塾も良い先生が居るに違いないと、他塾も体験した後に入塾しました。
結果、良い先生にも出会え、少人数、授業は週1回4時間、あとはオーダーメイドのシステムは息子に合っていたと思います。

 

■不安なことがあっても塾に任せられる
 落ち着きがなく、静かに机に向かっているなと思うと天板いっぱいに落書きをしていたり、人形を並べて空想をしていたり。そんな息子に焦りと不安を抱きながらも面談の度に「ボールペン分解していましたよ、寝ていたりしてますよ。でも、大丈夫、ちゃんと叱りますから。力はある子なので信じて下さい」と笑いながら話をしてくれた佐藤先生、八木先生のおかげで最後まで息子を信じて塾にお任せすることができました
学習で躓いた時もその都度相談に乗ってもらい、個人指導・演習を増やす事で対応していただきましたので、家では宿題をするのみでした。宿題も国語や算数は聞かれてもどう説明していいのか解らない問題が多かったので、個人指導で先生に聞きなさいとよく言っていたように思います。

 

■志望校に狙いを定めた努力
志望校は、塾に入る前から本人は「東山」と決めていて、他も見てみたら?と何校か見学に行ったのですが、東山のアンケート欄にはいっぱい書き込んでいたのに比べ、他校では一行書くか書かないかで…じゃあ、ユリーカを目指そうと志望校を東山に絞って対策をしていただいたおかげで無事合格することが出来ました。
無理・無駄のない勉強量で、息子の望む結果に導いてくれた入江塾の先生方には大変感謝しております。おかげで勉強をしながらも習い事を続け、旅行や遊びに出掛けるなど小学校時代を親子共々楽しむことができました。
本当にありがとうございました。

 

                                            このページの先頭に戻る

 

                                           

 

 

 

2017年度までの合格体験記

洛星中学校  洛南高等学校附属中学校  同志社中学校  高槻中学校  東山中学校  

京都女子中学校  同志社女子中学校  函館ラ・サール中学校  立命館中学校  立命館宇治中学校  

立命館守山中学校  京都産業大学附属中学校  龍谷大学付属平安中学校  大谷中学校  

平安女学院中学校  京都学園中学校  京都文教中学校  京都聖母学院中学校  花園中学校

ノートルダム女学院中学校  京都橘中学校  光華中学校  西京高等学校附属中学校

洛北高等学校附属中学校  京都教育大学附属中学校  四天王寺中学校  明星中学校

関西大学第一中学校  常翔哲光学園中学校  早稲田摂陵中学校

 

                                      このページの先頭に戻る