>
>
>
同志社大学合格体験記

合格体験記(同志社大学生命医科学部)

 

同志社大学 生命医科学部 合格

保護者様の体験記

伸学アルファ出町(出町アカデミーの前身)には高1の時からお世話になりました。


塾の詳しい情報などは全く知らず、前川先生の人柄に何かを感じ、直感で決めました。


本人は扱いにくいタイプの子どもで心配もしましたが相性もぴったりで、嫌がることなく熱心に通っておりました。


当初より推薦で大学に行きたいというのが本人の希望でしたので、学校の定期考査対策をお願いしておりました。


山あり谷ありで、一回一回の考査に一喜一憂する日々でしたが、先生はどんな成績を取っても顔色一つ変えず、心配する必要はないと勇気を与えてくださいました。


思春期の難しい時期の子どもの心を本当に上手に受け止めて指導していただき、本人は毎回の授業を受けて自信を取り戻し、先生の顔を見ると安心して落ち着けると申しておりました。


私共にとりましては、第一志望の大学に合格できたことと同じくらい先生との出会いが忘れられないものになりました。本当にありがとうございました。

 

生徒の体験記

私は高校1年生の時から3年間伸学アルファ出町(出町アカデミーの前身)に通っていました。


英語が苦手だったため、英語を習っていました。


高校1年生の時から漠然と推薦で大学に行けたら良いなと思っていました。

 

そのため1回1回の定期考査では良い点数を取らなければならないと常に意識していました。

 

高校2年生は教科担当の先生がガラッと変わり、最初のテストでは英語でびっくりするほどの悪い点数をとってしまい、これからどうやって英語の勉強をしていけばよいか分からず悩んでいました。

 

そんな時でも前川先生は決して私を見捨てず、これからの勉強方法について一緒に考えて下さり、私を前向きにさせて下さいました。

 

次のテストでは絶対にいい点を取ってやるという思いで、学校の問題集は必ず3周以上して、教科書の例文を丸暗記したり、塾のテキストで応用問題を解いたりして演習を繰り返しました。

 

そうすると点数がぐんと上がりました。


高校3年生になると行きたい大学・学部が決まってきてその学校の評定を満たすためにも必死になって勉強しました。

 

しかし私と同じように周りの子も頑張ってくる時期でした。


私の行きたいところの推薦枠は一つしかなく、誰かとかぶってしまうと評定に達していても厳しい状況になるため、テスト前になるとすごく焦ったり、周りの子を比べたりしている自分がすごく嫌でした。


この不安は勉強することでしか解消されないと思い、毎日睡眠時間を削って勉強をしていましたが、体調を崩し、精神的にもボロボロになってしまいました。


塾では前川先生によく「もうムリ!できない」など弱音を吐いていました。


先生は私の話を親身になって聞いて下さり、アドバイスをして下さり、話を聞いてもらった後には少し気持ちが楽になり、勉強にも集中することができました。


また、英語だけでなく、ちょっと分からないところがあるといって数学や物理も教えていただいたりしました。


分からないところを分かるまでとことん教えてくださいました。私にとってこの塾は勉強を教えてもらうところでもあり、また、気持ちを落ち着かせてくれるところでもありました。


推薦はすべての教科に全力で取り組まなければならず、1回1回のテストで結果を出さなければいけません。しかし、毎日努力をしていると必ずその努力は報われるはずです。


この塾で過ごした日々を決して忘れません。本当にありがとうございました。
私はこれから先も勉学に励み、自分の夢を叶えたいと思います。